ラリー北海道 終わって

IMGP5712.JPG

APRC(アジアパシフィックラリー選手権)ラリー北海道ですが、前回のブログにも書いたように、総合16位、クラス1位でフィニッシュしました。

昨年のクラッシュから車両を修復してもらいましたが、テストやシェイクダウンを行わない状態で本番に挑むことになり、序盤は様子見という感じでした。

今年はどこまで通用するかな・・・という考えもありましたが、フラットな路面が続くステージでは総じてタイムが良かったので、ひとまず安心。
一部ウエットながらも路面の締まったヤムワッカのステージは一番調子良かったです。タイヤは縦方向にグイグイ進み、サスペンションも挙動は安定し、ブレーキも思い通りのフィーリング!
反省点はジャンプから着地した瞬間に黒い物体(他車のインナーフェンダー??)を踏んで挙動が乱れたことが一番かな・・・笑 ラリー中に初めて走馬灯を見ました。

しかしながら・・・
轍の深くなるところではタイムが伸び悩む・・・日本のラリーを走る限りずっと付いてくる課題だと思います。
走っているうちに轍攻略の方法は少しずつ掴めてきたので、やはり数をこなさないといけないなと実感。

ちなみに、SS6を走りきった時点でスローダウンを余儀なくされるマシントラブルが発生してしまい、かなり焦る状況がありました。
タイムコントロールでペナルティをもらいながらも何とか進み、サービスで応急処置を行ってもらい、1日目は若干タイムを落としながらもなんとか走りきったという具合です。
とはいえ、思ったよりしっかり走れたので非常にありがたかったです。
2日目は気兼ねなく踏んでいけたので、本当に感謝です。

走り切った後にはやはり課題が出てきます。良い所・改善する所が見えてきましたし、また、良いと思った部分も更に上のレベルでやれそうだという手応えを感じました。走りの面だけでなく、その他もろもろ含めです。
毎度支えてくださっている方々に感謝するとともに、充実感に満ち、次へ繋がる可能性を感じた、そんなラリーでした。

というわけで、報告書の続きを仕上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>