見えてきた。

“乗れてない”ときはなんともモヤモヤとしてどこが悪いのか?どこもかしこも……という具合でしたが、それなりに乗れていると良い所・改善すべきところが見えてきました。結果だけでなく、綺麗に轍のできる道で良い経験も積めました。轍への苦手意識も薄れてきたと思います。wpid-img_20150718_174125.jpg

アベレージスピードの決して高くないステージで、どう車を動かすかという点においても今回は非常に勉強になりました。SS走行中のあの一言が無ければしばらく気付けなかったでしょう。特にFR車はFF車に比べて、曲がるときに横方向へトラクションの逃げる領域が大きいように思います。○○を使えばアクセルを開けながらも縦に動かせるのですが、技術面に関して若造がつべこべ書くものでもないかということでこの辺で。

計20kmのSSにたくさん盛り込まれた今回のラリー、フォトギャラリーが上がっています。

http://www.trdrallychallenge.jp/gallery/index.html

http://www.trdrallychallenge.jp/gallery/index.html

弘前・青森・東北の皆様、素敵な道とラリー、景色をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>