カテゴリー別アーカイブ: 日記

ここ3週間のこと

気がつけば最後にブログを書いたのは10月26日・・・

・全日本ラリー選手権最終戦、新城ラリーを走った兄貴の健太は無事に完走。
初めてのSタイヤでのラリーに加えて、非常に難しい路面状況を考えれば、ひとまず走り切った事は十分な収穫といえるでしょう。と偉そうに書いていますが、俺はSタイヤでラリーに出たことがありません。自分で走ってもっと勉強せねば。

・先週はレジェンドオブラリーの手伝い?に参加させて頂きました。皆様、大御所過ぎて白昼夢のようあな感覚・・・。クラブの大先輩である方も、510ブルーバードでトロフィーを獲得しました。

と、ラリーに関しては2点。その他は、特に無し笑

という具合です、ではでは。

ラリーを始めて4年が経ちました。

なんだかこの時期になると毎年似たような事書いてるような。

2009年の長野県シリーズ最終戦が俺の人生初ラリーだったのです。
あのときは最終戦がりんどう美ヶ原高原ラリーで、ナビは大野靖春選手でした。

スターレット1.jpg車はEP82スターレットターボでした、定番車種。だったもののここ数年でめっきり見かけなくなった気がします。
かなりくたびれた車両だったので、ATより遅いとか日本一パワーの無いターボ車とか散々言われてましたけど、後に他のスターレットに乗ってわかった納得のへっぽこパワー。
とはいえクラスベスト1本取って(!)、あと2本走ったら表彰台登れるぞ~というところでエンジンが終了・・・なんとか走り切ったけど一気に順位を落として、確か下から2番目だったと思います。
当時はなんとか精一杯走っているだけだったので、このくらいしか覚えてません。

そんな訳で、4年が経ちました。免許を取った時から数えたら丁度5年ほど。
ちなみに最初に乗ってた車は泣く子も黙るシルエイティ・・・。
サーキットを走ったりしてました。
初マイカー.JPGなんでここからラリー?という感じですが・・・実は縁あって、初めてオフィシャルに行って体感したラリーというものが超過酷で笑、こんな中でやってるラリーってのはハンパないな・・・というところから始まってます。もともと走ること・競技に興味があったというのもあります。

上の2台から始まったこと、費やした歳月を考えると、俺のようなノンキャリア的存在が20代前半でインター格式や海外ラリーを走らせてもらえていることは本当にありがたいことです。
言い換えれば、努力や環境、周りの人達の力添えがあれば、皆に可能性がある訳です(大げさ??)。
思い返せば、泣いて笑って、刺激的なアクション、漢の友情と感動のラブロマンス、スリルとサスペンス(途中から大嘘)。

冗談は置いときまして、大先輩方は4年どころか40年以上前から走っている方もおられます。
大きな背中に追いつけるように努力していかなければなりません。
周りの皆に感謝して、5年目も頑張って参りたい所存です。

工場

昨日今日、伊那のK’sFACTORYにて作業でした。

昨日は台風の影響で町は大変だったようです。

ブログを書いておきながら、写真はこれだけ。エンジンOH中。某ラリー車です。


もう少しすれば作業の行く先が見えてきます。ではでは…。

参加受付中 ‐ 御嶽スーパークライム2013 vol.2

p1.jpgBRIGヒルクライムシリーズ、今年2戦目となる御岳スーパクライムvol.2 の参加、ただいま受付中ということです。

開催場所:長野県木曽地方
開催日:平成25年6月15日(土)
路面:ターマック(舗装路)
受付 7:00~8:00
競技スタート予定時刻 12:00
表彰式 16:00

今回は暫定的に参加費を2000円お安く、に加えて毎度おなじみBRIGブレーキパッド装着車で参加の方は3000円引きになります。さらに、早割もあり、5月中に申し込み完了した方は更に2000円引き!(もう3日しか残ってないけど)

詳しくは ↓↓↓↓ の HP を御覧ください。

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

参戦体制発表

、ということです。

2013年の参戦について(pdfファイルへリンク)

2013年は、アジアパシフィックラリー選手権(APRC)・ジュニアカップを追う 山本悠矢 選手のコ・ドライバーを努めさせて頂きます。
まずは5月17‐19日にニュージーランドで開催されるAPRC第1戦 Rally of Whangarei への参戦を予定しています。

山本選手ですが、2輪モトクロス・フォーミュラなどのモータースポーツを経て、いよいよ本格的に国際ラリーへ挑みます。
マシンはプロトンサトリアネオをキャロッセ・クスコレーシングより貸与。
同じくクスコレーシングからトヨタヴィッツRS R2 を駆る、マイケル/ダニエル(NZ/AUS)組がライバルになりそうです。

またスポット参戦として、全日本ラリー選手権へは双子の兄貴 伊豆野健太 がEP3シビックタイプRで挑戦。昨年の東日本ラリー選手権では、伸るか反るかの走りで「マクレー伊豆野」とかなんとかと命名されたという兄貴ですが・・・5月3-5日に行われる 久万高原ラリー で完走・上位入賞を目標に激戦区のJN-3クラスに挑みます。
大学・クラブの先輩である 齋藤孝太 選手はランサーエボリューションⅨを駆って、全日本ダートトライアル選手権へ参戦予定となっています。昨年は関東地区ダートトライアルで年間クラスチャンピオンを獲得し、車両も一新。来年以降のための参戦ということです。

プレイドライブ誌の記事は以下のリンクよりどうぞ。
K’s FACTORY、2013年参戦計画を発表

引き取り


K’sFACTORYで製作されたNCP13ヴィッツ、本日オーナー様引き取りとなりました。フル溶接ロールケージや6速ミッションなどなど、凝った作りになってます。
そのオーナー、毎度ラリーでお世話して下さっている石田メカです。ヒルクライムにもこの車両で出場予定ということです。
たまたまですが、今日は工場で立ち会う事ができました。山梨大自動車部のメンバー2人もやってきて賑やかな?一日でした。

兄貴がブログを始めたようです

izunoke.jpg
俺と同じくラリーをやってる双子の兄、伊豆野健太がブログを始めました。
いずのけ・ラリーブログ

ラリノサウラ にも反映されるそうなので、ぜひご覧ください。

ちなみに兄貴、昨年は東日本ラリー選手権BC-4クラスにランサーで出場。最高位は2位。
今年もラリーに出場し、ステップアップすべく頑張っているみたいです。
どこのラリーに出るかは、またのお楽しみということで・・・。

車両製作中


2012年も気付けば3月です。
久々にK’sファクトリーへ。

工場にて、ダートラ車のマシン作りが進んでいます。
ロールバーは溶接ではなくジョイント式ですが、凝った作りになってます。選手の要望?による取り回し方で、効果的な形状ということです。
今シーズンのリザルト、期待してます。