カテゴリー別アーカイブ: 国内ラリー

ステージベスト


がんばろう福島MSCCラリー・SS4でリタイアとなりました我々73号車ですが、手前のSS3ではBC4クラス4位タイのステージベストを取りました!横に乗っていても”乗れてる”感じだったので、次戦に向けての自信になったと思います。

明日も続くラリー、全日本選2日目は兄貴の伊豆野健太が無事に復帰してリスタートとなります。
仕切り直して、良いタイムを期待したいところです。

MSCC リタイア


東日本選手権に出場していた73号車ですが、残念ながら、SS4の2.6km地点にてマシントラブルでリタイアとなりました。

全日本選手権を走っていた34号車もSS4入口でマシントラブルで止まってしまいました。こちらは明日もラリーが続きますので、復帰に向けて頑張ることになりそうです。

明日は本番


全日本ラリー選手権及び併催の東日本ラリー選手権「がんばろう福島MSCCラリー」ですが、レキも無事終了し、いよいよ明日は本番スタートです。
チームとしては両選手権に1台ずつのエントリーですが、どちらも上の順位を目指して頑張ります!

出場します、MSCC

image.jpeg本日はTRDラリーチャレンジ第2戦が長野県は菅平で行われました。
前回のブログに書いたとおり、オフィシャルとして参加。スタート担当でした。

さて、来週末は全日本ラリー選手権第3戦・東日本ラリー選手権第4戦「がんばろう!福島MSCCラリー」が開催されます。
今回はAE111スプリンタートレノで年間シリーズを追う 猪股選手 に声を掛けて頂きまして、東日本戦BC-3クラスへコ・ドライバーとして出場することになりました。

そして全日本選手権へは、先月の久万高原ラリーで全日本デビューを果たした双子の兄貴、伊豆野健太がインテグラタイプRで出場します。前回のラリーではシビックをドライブし2日目にリタイアとなった健太ですが、シビックの段取りが間に合わないために急ピッチで新規車両製作中です。東日本選手権は1デイのみなので、私は2日目、こちらのメカニックに回ります。

というわけで、#34 伊豆野健太/大野 組、#73 猪股/伊豆野康平 組 の応援よろしくお願いいたします。

マツダスポーツカークラブ サイト

ちなみに、昨日はK’sFACTORYメカニック、かっけーさんの結婚式でした。おめでとうございます!
クラッシャーな人々はメカの仕事を楽にしてあげられるように努力しましょう(自戒)。

6月2日(日)はTRDラリーチャレンジ

IMG_0453.JPG
某青くて速い人からお呼びが掛かったので行ってきます。
と言ってもオフィシャルなので、朝から林道の中にいることになりそうです。我が家から車で数十分。

今回はギャラリーSSが設定されてないので、ギャラリーが可能な場所は菅平裏太郎駐車場と表彰式会場のみということです。
ギャラリーインフォメーション

またエントラントリストも公開されました、全32台が出走予定となっています。

(写真は昨年のギャラリーステージ)

県戦と県戦

18日土曜日は長野県ラリーシリーズ開幕戦、「上高地ラリー」のサービスに行ってきました。
山梨大学自動車部を含む2組を担当、調理補助(俺が頑張っても良い料理は出来ない)と簡単な作業だけかと思いきや、ちょっとしたドラマがあるのがラリー…ですが、無事に全車完走です。

そして19日日曜日はジムカーナの甲信シリーズ。飯田市はさるくらまで足を運びました。
大学の同期(だった)がシリーズを追うということで、お手伝い兼見学。
ラリーと違い、一箇所の会場で競技が完結している形態なので、最初から最後まで走りを観られる楽しみがあります。
結果ですが、パイロンタッチに苦しみながらもリザルトを残して無事ポイントゲット。次戦以降のポジションアップを期待してます。

さて、前回のブログは双子の兄貴が全日本ラリーに出場…というところで止まっていましたが、リザルトは残念ながらDAY2リタイアです。意気消沈する間もなく、次戦に向けて準備は始まっています、乞うご期待!

兄貴/先輩 10位

5月4日(土)にスタートした今年の全日本ラリー選手権第2戦となる久万高原ラリーですが、俺の兄貴 伊豆野健太 はJN3クラス(排気量1500ccを超え3000cc以下)にEP3シビックタイプRで挑戦中です。コ・ドライバーは1年ぶりに日本に帰ってきた、2011年東日本ラリー選手権Bクラスチャンピオンの大野靖春選手。時差ボケが辛いというのを話しに聞きましたが・・・。ちなみに大野選手は2010年に俺がドライバーデビューしたときにナビをしてくれた先輩でもあります。

初の全日本参戦となる兄ですが、Day1はクラス10位/16台で無事走りきったようです。序盤に出遅れてSS1ではトップと1キロあたり7秒以上の差。ですがジリジリとタイムを上げSS8では6番手タイム、このSSではトップのベテランの方々を1キロで2秒以内の差で追いかけています。明日も引き続き上がり調子となるのでしょうか。5日(日)のDay2も約26kmほどステージが用意されています。
とはいえ、ラリーは走りきっってナンボですので、まずは完走を期待!

久万高原ラリーのリザルト速報は こちら

TRDラリーチャレンジRd.1

TRDラリーチャレンジ、長野県木曽町での開幕戦はトヨタ86を駆るモリゾウ選手のオーバーオールウィンで幕を閉じました。
今回はゼロカーをドライブしましたが、天候にも恵まれ路面状況も良好。ヴィッツで登坂路は厳しいところがあったのは否めませんが、全体を通して気持ち良く走れる道であったと思います。

TRDラリーチャレンジはRd.2も長野県での開催、6月2日に予定されています。