マレーシアラリー 安全装備

こちらのベールに包まれた車は何でしょう??

image

正解は前回の記事を参照!!!

……

ともかくこの状態で自分たちが大きな怪我をせずにすんだことは奇跡…

というわけでなく、

安全装備あってこその結果です。

インター格式に出場するクルーの着衣は下着以外、すべてFIAの公認品である必要があります。

車両には規格で定められた溶接ロールケージが張り巡らされています。ケージという名のとおり、まさに鉄のカゴです。その中にあるシートも公認品です。

image

↑↓外観の損傷と比べるとケージの堅牢さがわかります。バケットシートも損傷は特にありません。

image

HANSのおかげで首周りもなんとか無事です!

安全装備に過剰なものは無いのだと、今回身を持って知ることとなりました……。

マレーシアラリーは前転リタイアでした

今回のマレーシアラリーはSS2の15km地点で、クレストからのギャップをジャンプした際にノーズダイブ、そのまま前転してリタイアとなりました。何回転したのかよくわかりませんが、車両はキャビンを残して大ダメージです。

image

image

image

現地でも様々な方にお声掛けを頂きましたが、関係者各位、ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません。
ケージ、シート等の安全装備に守られて、クルーは2人とも無事です。

image

次戦はAPRCラリー北海道を予定していますが、時間がありませんので、頑張って準備を進めていきたいと思います!!!

wpid-kimg0606.jpg

マレーシアラリー スタート

さてさてマレーシアラリーは金曜日にセレモニアルスタートとSS1が終わりましたが、今日からいよいよ本格的なステージの始まりです。
SS2はいきなり27kmあります!
他のマレーシア経験豊富な方々と比較すると俺はチャレンジャーの立場ですので、まずは走り切って様々なことを吸収していきたいと思います!!

image

APRCマレーシアラリー まずは到着

image

火曜日にマレーシア入りしました。コンテナの荷物整理、レキ用車両の準備、ラリーカーの軽整備などなどを行いまして、
そして受付。こちらはものの10分ほどで終了…。

日本からの航路ですが、まず中国上海を経由して、早朝にシンガポールへ到着〜。

image

image

そこから陸路、そして橋を越えてマレーシア入りです。24時間のうちに4カ国にいたことになります。

image

到着後はレキ用車両の用意など、というわけで車来たよ〜と言われてホテルを出ると表にはこんな車が
↓↓↓

image

フォードのエスケープか〜いいですね〜、アイポイント高めで快適なレキになりそうですね〜と思ってたらどうやら違うそうで…
で、この車の前に止まってたのが↓↓↓

image

トヨタの???わかりません
まあこれなら普通に走れるかなと思ったのつかの間、よく見るとタクシーです。

レキに使うのはこちら

image

ヒュンダイアクセントです。日本では見かけない韓国車です。蒟蒻でつながっているような不思議なステアリングフィールです。

ちょっとした買い物をすませて昼食の後、午後からいよいよコンテナの解錠です。

image

封印の開け方を某氏に聞いて、バチーン!!!!

image

開きました。

image

出しました。

とうわけで作業を行い、再びホテルに戻り、ラリーの参加受付を行ったわけです。

ちなみに夕食は…屋台でこんな具合です。1食200円程です。

image

そんなこんなで明日はラリーの車検などがあります。ではでは。

image

マレーシアラリー エントリーリストが発行されました

www.malaysianrally.com/2014/aprc2014/download/ENTRY_LIST.pdf (PDFファイル)

APRC枠が13台、MRC(マレーシア選手権)と合わせて30台のエントリーです。

ゼッケン12番を頂きました。車両は「いつもの」スイフトスポーツです。

今回のマレーシアは日本人クルーが他に5組おります。

暑さに負けないよう、頑張りましょう。